冬季休 廊

 

 
 
2018.12.2 - 2019.1.20


        
 




新春のお慶びをもうしあげます

 本年もどうぞよろしく
 お願い致します。

 





 








 

  



      丁楠 展 
  「自然のメカニズム」

  キュレーター:孫沛艾
 


    

   
2019. 1. 21 - 2. 2
                  
 
          










本展主催の明治大学理工学研究科 総合芸術系 芸術学研究室に在籍する孫沛艾(ソンハイガイ)のキューレションによる展覧会。

中国現代美術の新世代から抜擢した丁楠(ディン・ナン)は中央美術学院の修士過程を修了。 在学中の上海ビエンナーレ銀賞(学生部門)以降数々の現代美術賞を受賞し中国美術界で大き な注目を集めている。





 

  





    WAG 2019


    

             
2. 4 - 2.16
                  
 
          












和光大学芸術学部芸術学科 3年選抜展
として恒例のWAG展。今年はより先鋭グループとして秋本 美幸、落合 さら、細沼 凌史、友 海 の4名が参加する。
和光大学特有の「遊びゴコロ」を発揮する展覧会として大学主催で開催され今年6回目を迎え る。





 

  





  世田谷木版画教室

                     版 からの表現
    

   
        2. 18 - 2. 23
                  
 
          












世田谷にある木版画教室。多摩美術大 学生涯教育の版画コースが前身でその当時から指導にあたっている版画作家の大塩紗永氏の方針もあり学術的な専門技術も惜しみなく授業に加味し、生徒
さん 達の意識のレベルアップにつながってい る。そのせいか在籍年数が長く美大卒業生も多く参加
していて見ごたえある発表会を毎年開催している。 弊廊では2016年から4回目の展覧会となる。







 

  





    マイブーム


    

   
       2. 25 - 3. 2
                  
 
          












女子美術大学大学院在籍の高瀬実穂子と菱ヶ江真里による版画2人展。各々が今現在夢中に なっている世界をそれぞれが銅版画と木版画で表現した。
恵まれた制作環境の中で大胆にそして緻密にと真摯に技法に向き合っている二人の作品をご高 覧くださいませ。