2001
澤田正太郎画集出版記念展
2001.2.12〜2.18



まちを愛した画架澤田正太郎の没後5年の画集 出版記念展。 心の原風景を描いた回顧展。

ハ ゚ガノッテイ直子展
2001.3.17〜3.28



昨年秋に続き2度目の来日個展。前回よりも大きめ の作品を展示し自己発展を目指します。
BAN-British Art Now-
2001.4.2〜4.28

「東洋と西洋、永遠に混じり合うことのない二つの世界」キャサリン・ベルがオ-ガナイズする。青山界隈4ギャラリーにて同時展開。


97-01#6展
2001.5.7〜5.26



愛知芸大卒業4人によるグループ展。秋山一郎、井上トモヒロ、清水明美、山口謙作。東京でのはじめての発表。
t.t.town vol.1
2001.6.12〜6.17



武蔵野美術大学彫刻科2年在学中の浦達生、加藤悟史、鈴木基雅、平川正、二見佑の5人展。人が持つ潜在意識の枠を越えて街を想像し、理想の世界“t.t.town”を創造していく。
trait d'union 21
2001.7.12〜7.14

企業とアーティストを結ぶ画廊企画展。今年はウールマークの国際羊毛事務局の協賛を得て、 糸を素材とし制作を続ける池内晶子によるインスタレーション。在学中より様々な糸の作品を創り続けているが、今回はじめて毛糸で試みる実験的な展示。
中川るな展
2001.7.16〜7.28



連続模様の織り成す不思議な世界を造り出すことを得意としている。環境問題をサブテーマにしたインスタレーション。会期中、会場にはガチャポンの機械を設置しガチャポンQPを販売した。
丸山芳子展
2001.7.30〜8.11



海外発表も多く、精力的に活動している丸山のインスタレーション。人間同士の関わり合いを時系列に探り、出来事の中での個人的な心情に垣間見る人間性に注目する。 
瀧香織展
2001.8.18〜8.25



油絵教室アトリエ彩 屋を主宰。パステル系ピンの- Kaorism Pink -がきれい。
中原ゆう子展
2001.8.27〜9.1



日本画出身の中原の作品には優しさと芯の強さを秘めている。最新作はみえないものを描いたような、明るいトーンの画面 に沈み込む気配を感じる。
高橋明日香展
2001.9.1〜9.15

昨年春に大学院を修了してから初めての個展。ある一つのことが鮮明になった瞬間を表現することで見る側に何かを問いかけていく。


わらうソノシート展
2001.9.24〜9.29



五十嵐道、阿部秀史、阿部真夕子の3人によるグループ展。
x個性派3人の微妙なバランスがおもしろい初展会となりました。
開廊2周年記念
今泉省彦展
- カロンの舟 -

2001.10.1〜10.13



カロンはギリシア神話で死者の亡霊を乗せて冥界の川をわたす渡し守りで、ダンテの新曲にも出てくる。
今泉省彦は数年来このテーマに取り組んできたが、今回は、その締めくくりとなる。新旧作54点を展示。
第4回我孫子野外美術展参加の
リトアニア、イギリス、アメリカ作家展

2001.10.15〜10.19



自然との関わりが希薄になった都会人に自然の豊かさを再発見させる主旨の野外展に参加のメンバー,Diana Radaviciute, Saulisu Valius, Kestutis, Grigalionas, Mustelkis, Vytenis Lintenis, Diane Maclean, Derek Monroe, Truidi Entwistle が出品。
楡木令子展 -Another Landscape-
2001.11.5〜11.24



自然との対話をテーマとしている楡木の文化庁海外芸術研修員としてのフィンランドでの1年を終えての帰国展。
2001 Winter Sale forWWF Japan
2001.12.6〜12.8



アーティストの制作活動を支える自然に感謝の気持ちを込めてチャリティーセールを開催しました。お蔭様で41,603円の寄付金をWWFとジュゴン保護基金に12月14日に送金させていただくことができました。皆様の暖かい御支援に感謝致します。