2002
荒井周子・金民潤二人展
2002.2.4〜2.9



武蔵野美術大学日本画科を今春卒業する二人の初めての展覧会。繊細な感覚の中に卒業を控え次の段階を目指す力強さを感じる発表でした。
浜田澄子展 - CONFUSION -
2002.3.11〜3.23



「光と闇 又は 彼岸と此岸の迫間で」 目に見える世界の色々なことと目には見えない心の中の遠くに在るもの、その混沌とした感覚の中で生きて行くことの意味を考える。地道に作品に向き合う姿勢は作家の強さでもありましょう。
MONTE CARLO 23
Licca Nozaki

2002.4.1〜4.6



東京出身で現在北九州在住のインスタレーション作家LICCAこと野崎梨花の東京での初個展。ドラマティックな展開を続けるモンテカルロシリーズは、作家の足跡とも言えそうな発表となった。
MONTE CARLO 23
まつばらひろこ展

2002.4.8〜4.13



日本画の顔料やアクリル、(紙)和紙でつくる黒と白の世界は、素材がくれる奔放な偶然性、心境や思考に働きかける時間という技術で形創られます。
今井敦子展
2002.4.15〜4.27



パリ発アートニュース2月10日号で紹介されている、パリ在住作家。シレーン・ブロンシュ(白い人魚)が海を越えてやってくる。パリの色と墨の色が行き交う楽しい展覧会となりそう。
村田明子・
パガノッティ直子 二人展

2002.5.7〜13



パガノッティ直子は継続した活動の中で新人村田を迎えての二人展。Paganottiは、同時期にフランス、オーヴェルシュワーズでも個展を開催する。
J+BAN/Japanese and British Art Now 2002
2002.5.20〜6.8



この日英芸術交流は1997年から続いている。今回はコラージュプリント作家Jasia Szerszynskaを迎えての展示。香港、京都での滞在経験から得たアジアンテイストの作品。制作過程を紹介するギャラリートークも興味深く好評であった。
Stephan Black Exhibition/secrets
2002.6.17〜6.29

スティーブン・ブラックは東京、香港、パリ、NY、オハイオを拠点として制作、発表している。「スティーブン・ブラックは既成概念を打ち破る、ミクストメディアの天才的クリエータ−だ」Richard Halonen(アンディ・ウォ−ホール生前最後の展覧会をプロデュース) 今回の展示secretsは作家がこれまでに密かに制作してきた平面、ビデオ作品の発表となった。
 
Trait d' union 21
大橋博展

2002.7.1〜7.13

法人企業とアーティストを結ぶ画廊企画展。現代美術の可能性を試みる実験的な企画展として3年目を迎える。
今年は自動車雑誌「CAR GRAPHIC」編集室の協力を得ての展示。
ターレンスジャパン株式会社協賛。
作家は造形大彫刻科講師の大橋博。
 
鈴木奈緒・小林麻衣子/SILENT SPEAKER
2002.7.15〜7.20

[silent speaker]展。写 真と平面作品での構成。インスピレーションを共鳴させて制作する。静かな化学反応が起こる展示となった。協力 富士ゼロックス株式会社ART BY ZEROX。
《LIMINAS/光の振幅》
2002.9.9〜9.21

隣接する空間に現代美術の発表の場としての新スペースMUSEE Fが開設されました。オープニングとして美術評論家・鷹見明彦氏の企画で安藤孝弘、大竹敦人、中野西敏弘を迎え、表参道画廊とMUSEE Fの両スペースで展開する企画展の前期となります。
《RHIZOME-地下茎と水》
2002.9.25〜10.9

表参道画廊とMUSEE Fの両スペースで展開するMUSEE F開設企画展の後期。坂口寛敏、富田俊明を迎えての展覧会となります。ドローイングの展示と循環する水の世界をインスタレーションで表現。
知覚する芸術 [ノアの虹]”大洪水の後 ノアの見た虹”
2002.10.21〜10.29

”大洪水の後、地球上の大気は水滴に充たされていた。やがて太陽が昇り、微細な水滴の饗宴により空間に3次元の正円の虹が出現した。”伊丹裕、加藤治男、立川真理子 4DUによるインスタレーション。
クリクラ(クリエーティブクラブ)展
2002.11.1〜11.6

”「人」をテーマとしたイラストレーション、デジタルデザイン表現、クラフト等プロ作家グループ、 クリエイティブクラブ13名による作品展。
Kristian Haggblom
+ Warren Fithie Exhibition

2002.11.7〜11.17

”オーストラリアを母国とするKristian Haggblomは、Photo Insutallation Artistとして日本での活動を展開している。今回は、自殺の名所でも有名な青木ヶ原樹海を舞台にしたインスタレーションを映像にもした作品になるという。http://www.rendersaur.org/jukai.html


ミネオ アヤマグチ展
Mineo Aayamaguchi Exhibition
-Interline-

2002.11.18〜11.30

”1974年からロンドン在住のミネオ・アヤマグチの久しぶりの東京での個展。86年の佐賀町エキジビットスペース個展以来。光と色を表現した絵画とMUSEE Fでは映像インスタレーションを発表。 http://www.aayamaguchi.com

WWF WINTER SALE EXHIBITION
世界自然保護基金 の為のチャリティセール

2002.12.6〜12.8

”毎年恒例のチャリティ展示即売会。 ニューフエイスも加わり豪華メンバーの展覧会となりました。

過去の"展示の履歴"は こちらからどうぞ
 1999〜2000
 2001