企画展《SYNAPHAI-連系》


   2003.9.8〜9.20
    企画:鷹見明彦(美術評論家)+MUSEE F
 

SYNAPHAI(シナファイ)は、ギリシア語で「連続」を意味する語。脳の神経組織をいうシナプスの語源でもあるが、固定された実体ではなく、内外と連係して可動し変化するエネルギーの回路がイメージされる。 プラトン立体や黄金比、フィボナッチ数列などの生成の法則とロウソク列の燃溶プロセスの相克に、光として現前し去りゆく時間の相を変奏する渡辺好明。世界をさまざまな音が振動する場として捉え、その状態を周波数センサーや振動する鏡面に反射されたレーザー光線の運動に置換する装置によってモデル化を試みる志水児王。ここでは連鎖しながら系を成し可変していく世界への、光と音というエレメントをめぐるそれぞれのアプローチが、どのように近接し、また乖離しているかが照応される。                         鷹見明彦(美術評論家)



渡辺好明
 
 

渡辺好明
 
 

渡辺好明
 
 

志水児王
 
 

志水児王
 
 



□渡辺好明 Yoshiaki Watanabe□ 1955年  兵庫県生まれ 1980年  東京芸術大学美術学部絵画科油画卒業。 1982年  同大学院壁画研究室修了 1985年  DAAD(ドイツ学術交流会)奨学生としてデュッセルドルフ美術 アカデミーに留学。 1989年  同校修了。帰国して東京芸術大学に赴任。 1994年  日本航空協会「空の日芸術賞」受賞により1年間の欧米での海外 研修。アムルテルダム国立美術アカデミーにゲストアーティストと して滞在制作。 1999年〜 東京芸術大学美術学部先端芸術表現科助教授 ■作家活動 1980年より国内外にて個展、グループ展多数  1987年「ドイツ庭園博覧会」デュッセルドルフ  1988年 ヴァジル・ゼニュウ基金受賞により、ドイツ ゲーヴェルスベルク     市モニュメント制作。 1991年「白州・夏・フェスティバル」山梨県白州町  1995年「桐生再演」群馬県桐生市  1996年「アートフェスティバル イン 鶴来」石川県鶴来町  1996年「美術の内と外」板橋区立美術館  1997年「光をつかむ−素材としての光の現れ」O美術館  1998年「芝山野外アート展」千葉県芝山町  1999年「光ではかられた時−渡辺好明」斎藤記念川口現代美術館  2002年「ジ・エッセンシャル」千葉市美術館など。 ■その他の活動 東京芸術大学美術学部とデュッセルドルフ美術アカデミーとの現代美術交流展(1997年/1998年)、同じくバウハウス大学ワイマールとの現代美術交流展「グリーンスペース」(2002年)などの企画、運営や、1999年から取手市および取手市民と共同で行なっている「取手アートプロジェクト」の企画、運営に中心的に関わる。

□志水 児王 Jio Shimizu□ 1966年 東京生まれ  東京藝術大学美術学部美術研究科大学院修了  ■個展 1994年 アートギャラリー (銀座 東京) 1995年 Year /Octave-等分/平均 (ギャラリーKIGOMA 東京) 1996年 "One Day One Show" (Gallery 360゜ 東京) 2000 年 "Velocity Window" ( GALERIE SOL 東京) 2001年 Experimental Intermedia (ゲント ベルギー) 2002年 "World Models" (OFF SITE 東京) 2003年 "World Models" ( GALERIE SOL 東京) ■グループ展(抜粋) 1995年 "between solid and gas"水の波紋’95                   (ワタリウム美術館 東京) 1996年 "固有状態とその変位" (ジーベック 兵庫)      sonic perception Vol.3  ( 川崎市市民ミュージアム 神奈川)      "audible field"  (横浜ガレリア 神奈川)      WrK collaboration work (ガレリアラセン 東京) 1997年  EAR AS EYE ( L.A.C.E ロサンゼルス アメリカ)      Site Of Sound  (Anomalous Records シアトル アメリカ) 1998年  sonic perception Vol.5  ( 川崎市市民ミュージアム 神奈川) 1999年  MUSIQUE EN SCENE/ Collage Juke Boxプロジェクト                   (リヨン現代美術館 フランス)      event La Radia- Arte correo al fin del milenio                    (Cedro メキシコ) 2000年 サウンドアート / 音というメディア ( NTT ICC 東京)      Le cercle des intimes/ Collage Juke Box 2.1                   ( galerie commune フランス )      旅籠町町家プロジェクト(秋葉原 東京)      HUMOR Y ALIENTO - segundo festival international de arte                         sonoro      Just About Now (TENT Centrum Beeldende Kunst                        ロッテルダム オランダ)      Beyond Music Sound Festival                 (Beyond Baroque ロサンゼルス アメリカ) 2001年  WrK-sound performancce & installation @ OFF SITE                (OFF SITE東京)         偶然の振れ幅 ( 川崎市市民ミュージアム 神奈川)      IM- on very special brief occations (ゲンク ベルギー) 2002年  sound performancce- "音響現象から垣間見る微細な世界 "      小山穂太郎 個展関連イベント (栃木県立美術館) 2003年  New Genaration3 (CASO 海岸通ギャラリー 大阪) DISCOGRARHY one second / 1993 loop / 1993 dot / 1993 s/n/s magnet tape / 1995 insert 'Delay' / 1996 (Multiple Works) blank recording / 1996 (Multiple Works - Edition 30) WrK compilation (WrK) / 1996 V229 (WrK) / V2 archief オランダ 1999 "Site of Sound" Architecture & the Ear / SMART ART PRESS / アメリカ 1999 HUMOR Y ALIENTO-カタログ/ メキシコ 2000 Just About Now-カタログ / V2 archief オランダ 2000 45'18' / meeuw records オランダ 2001 compilation / edition... アメリカ 2001