三原回 個展

fragment    



会期=2010年9月20日[月]−9月25日[土]
時間=12:00-19:00(最終日17:00まで)
会場=表参道画廊








 三原回はこれまで、主に既製品をつかったインスタレーションを制作
(展開)してきました。
同じ運動を繰り返す日常的な装置と、変化のないサウンド。動的な素材を扱いながらも一切の時間的要素を否定するその空間は、絵画のイメージの中の永遠性、そして近代以前の空間としての教会美術にみられる、いわば芸術原理主義ともいうべき状態を希求します。
作品は鑑賞者の目に触れて初めて成立します。しかし「そこ」はあなたが訪れる以前も、そして後も変わらぬ姿で在り続けるのです。

fragment(断片)。バラバラに切り刻まれ、その中から選択されたイメージ。誰もが知っている素材をその運動の一瞬共々トリミングしたときに現れる既視感を伴った非日常性。この矛盾する両者の織りなす「重さ」を感じて頂ければ幸いです。












 



 
《Fan》Art planning room / Tokyo 2008






Flicker》 Shinjuku ophthalmologist gallery / Tokyo 2009






《Fan(tableau)》 ASK? art space kimura / Tokyo 2010





 




 

作家略歴

□三原回 / Mihara Qay

1987年 東京生まれ
2009年 和光大学表現学部芸術学科卒業
現在  神奈川県在住



[主な展示歴]

個展
2009年 「Lab」 (新宿眼科画廊)

グループ展
2009年 「Site/Sight -若手アーティストとその魅力展 vol.2-」
        (市原市水と彫刻の丘)
2010年 「大谷楽/白石諒男/三原回 -intermission-」
         (ASK? art space kimura)



Mihara Qay official web site
http://mihalab.web.fc2.com/