東京写真月間2017 
   
 
 由良 環 写真展

   重力の辺 (じゅ うりょくのほとり)


 



会期=2017年6月5日[月] - 6月10日[土]
会場=表参道画廊
時間=12:00-19:00(最終日17:00まで)
ディレクター=湊雅博   

トークセッション=6/6~9   各日 18:00- 18:40
6/6(tue)       田山湖雪
6/7(wed)      中藤毅彦
6/8(thu)       川島紀良
6/9(fri)        榎本千賀子
 
由良環HP http://yuratamaki.net      




重力の辺

空、水、地面という3つの構成要素で成るこの土地は
時間の流れが止まったような、孤高の佇まいを見せている。
河口が東京湾へと注ぎ込む溶々たる風景は、ちょうど多くの飛行機が
Take Offする姿と重なる。

そして河口がそのまま空へ昇っていくような幻像を目にした時
時空は曖昧になり、私は無意識の世界へと浮遊し始める。

羽田は行き場を失った都市の魂の終着点だ。
―この地には都市のあらゆる‶気″が吹溜り、それらはじわじわと地表
に滲み出し、やがて海へと流れ 込む―

いつの頃からか、私は羽田にそんなイメージを抱くようになっていた。
そしてそのようなイメージを喚起させた、この土地の持つ不可思議な
力や神秘性を捉えたいと考えるようになった。










□由良環  TamakiYURA

長野市生まれ。東京造形大学建築コース卒業。

2012年写真集『TOPOPHILIA』出版(コスモスインターナショナル)
2013年日本写真協会賞新人賞受賞




□主な個展:
Kodak Photo Salon(東京2001/2007)、Gallery Q(東京2002)
Atelier AE(パリ2004)、Espace JIPANGO(パリ2006)
森岡書店(東京2009/2012)、Nikon Salon 銀座(東京2012)
Gallery NIW(東京2016)


□主な企画展、グループ展:
『日本写真協会賞受賞作品展』富士フィルムフォトサロン(東京2013)
『長野県生まれの写真家たち』北野カルチュラルセンター(長野2013)
/ポートレートギャラリー(東京2014)/飯田市美術博物館(飯田2014)
『NODE』シリウス(東京2014)、『けはひ』OGU MAG(東京2015)
(佐佐木實との二人展)、『リフレクション写真展』表参道画廊(東京2015)



由良環HP http://yuratamaki.net