湊 七雄 展
  「光のあるところ」

where there is light: Shichio Minato Printmaking Exhibition

   

 



会期=2018年3月26日[月] - 4月7日[土]・日休
会場=表参道画廊
時間=12:00-19:00(最終日17:00まで)
   



      





  <作家コメント>

十数年ぶりにベルギーに戻り住み、環境や身体に優しい素材を使ったノントキシック版画技法の研究と作品 制作に取り組んでいます。
今回発表予定の版画作品20数点からなるシリーズ「光のあるところ」は、いずれもノントキシック銅版画 技法によるものです。
夕暮れ時の街灯や車のヘッドライト、部屋をやんわりと照らすスタンドなど、身近な場所にある美しい光を 集めて作品にしました。



<作家プロフィール>

湊 七雄(みなと・しちお)
1972 年三重県出身。
1998 年金沢美術工芸大学油絵科を卒業。
同年ベルギーゲント王立美術アカデミー修士課程版画科に留学。
2000 年最優秀賞にて芸術修士号(MFA)を取得 。
フランス・サン=テティエンヌ美術大学版画科助手を経て、06 年より福井大学教育学部にて絵画、素描、版画を担当。
2005 年ごろより有機溶剤等の使用を控えた、ノントキシック版画の技法研究に取り組んでおり、
2017 年度はベルギー美術アカデミー客員教授としてこの分野の研究に専念している。


作家Web ページ<http://shichiominato.com/>













Shichio MINATO, Series: Nothing Behind (2017), Collagraph, 120x183mm