マイブーム

  高瀬実穂子 菱ヶ江真里


 



会期=2018年2月25日[月] - 3月2日[土]
会場=表参道画廊
時間=12:00-19:00(最終日17:00まで)
   


      





   実生活で体験した事、感じた事が、自分の中で混ざり合って
絵になっていく。そこには自分が見てきた様々なものからの影響
があり、沢山の感情が詰まっている。どう版画と木版画を中心に
それぞれが夢中になっている世界を描いた。女子美術大学大学院
に在籍している2人の展示です。















□高瀬 実穂子

私は連想の繰り返しで作品を作っている。ふとした時に感じる漫然とした、
違和感や不安感を基に糸口を見つけている。その時感じたことやそこから
連想される言葉を羅列し再構成を行い、作品の基になる言葉や
文章に組み換え、されにその言葉から連想される物語を架空
の粘菌ときのこが広がる世界に落とし込んでいる。
現在はどう版画のメゾチント技法を軸に作品制作をしている。




高瀬 実穂子「連鎖する生と死の境界」450mmx250mm  6枚組 銅版画 2018





□菱ヶ江 真里

私は生活の中で出会った人たちを木版で描いています。
その人と接した時に見えたものや感じたことを絵に詰め込んでいます。



菱ヶ江 真里「また撮ってくれるかなぁ。」 1800x1800mm 木版画 2018