juillet,2003
 








Eau‐de‐Vie / いのちの水


 

海の山の湖の川の砂漠の雪の雨の水。
天気予報によると、3000年になる頃には地球の温暖化が進んで、モンブランの雪も解けてしまうらしい。いのちの水。いのちの水。

エヴィアンの水、ヴィッテルの水、ボルヴックの水、六甲の水、水道の水。
身体に入れる水。かさかさの身体に必要な水。からからのいのちに必要な水。
いろんな水をいろんな身体に入れて、できあがるいろんな生きもの。
地球の星のあちらこちらで産まれてきて、闘っている一つずつのいのち。

ファニアちゃんの水、ロミナちゃんの水、まりみつえの水。
みんな一つずつ持っている水の入ったガラス瓶。必ずその子のガラスの瓶にはその子の水が入っている。それがきれいに並んでいて気持ちがいい。
一つずつのいのちが、喉が乾いて水をごくごく飲む。自分の水はいくらでも湧いてくる。自分の水だからいくらだって飲める。
時には飲み比べてみる。わたしのより甘い。わたしのよりやわらかい。あの子のは良い香り、でも苦いのはなぜ?・・・・・わたしのが一番おいしいのかな。

山の水は流れていって川になって、流れていって、海の水になって、雪だって雨だって、みんな地球にゆっくりと染み込んでいく。

彼女たちのガラス瓶に入った水は、一生かけて熟成されてEau‐de‐Vieになる。
3000年になる頃には、誰のEau‐de‐Vieもおいしくておいしくて、地球にゆっくり染み込んだいのちの水を、グラスにそそいで乾杯する。
そんな気持ち。。。


●ATSUKO IMAI EXPOSITION
パリから里帰りして個展を致します。御高覧頂ければ幸いです。
http://omotesando-garo.com/link.03/imai.html
表参道画廊 7月14日(月)〜26日(土)
Vernissage  7月18日(金) 5時〜8時 *Eau-de-Vieを飲んでみてください。

 

●amiart


過去の"Paris News"は こちらからどうぞ